外壁及び壁自体の劣化です。

使われている塗料の性能を超えて、外壁そのものでは済まず、内側のカベまでダメージを届かせてしまうのです。

壁本体の補修が必要になる場合もあります。

外壁塗装をする前に調査をして、クラック(ひび割れ)や塗装の剥がれ等を程度に合わせ、塗装を行う前に下地補修を行います。

あまりに劣化が進んでから、塗り替えを行った場合は、外壁よりも内部が腐食していることもあり、塗装の下処理では済まないので別途に費用がかさむこともあります。

外壁自体よりもその内側が腐食してしまう前に、塗替えはやや早めに考えておいた方が良いでしょう。

年中、直射日光を浴びることによる屋根表面、外壁表面の温度上昇を妨げる遮熱効果で夏場の冷房効果を効率的にし、断熱効果のあるものと併用することで冬場の室温も安定します。

比較的新しい光触媒塗料や、微細や繊維を使ったセラミック系塗料などは、外壁に付いた汚れを雨などの自然な流水で、自動的に洗い流すセルフクリーニング効果があるものも出て来ています。

こうなってしまうと修繕にも大金がかかるので、外壁にクラックやチョーキングなどの異常が見られた場合はすぐに専門の塗装業者に見てもらい、見積もりを依頼したりすると安心です。

外壁塗装と一言でいっても、耐久年数は塗料によって大きく変わります。

ですのでおよそ10年に1回程度は塗装業者に状態を確認してもらうことも大事です。

このような定期的なチェックを怠らないことで、大切な家の寿命を最大限に延ばすことが出来るのです!外壁塗装は建物の美観を高める働きは当然、外壁そのものを保護する大事な役割があります。

家の壁を保護し、耐久性&防水性を高める。

塗料自体の特性による断熱効果、遮熱効果に加え、雨を利用して汚れを流す塗料まで存在します。

御存知の通り外壁塗装は外壁の耐久性を高めます。

塗料には種類があり、耐久性の低いものから高いもの順に見かけます。

塗料の力で防水性を高め、しかし現在、投資対象としての意義が大きくなっている。

雨漏り等を防ぐ役割があります。

結露を防ぐには、水分を遮断し湿気は通すという透湿性が大切になります。

断熱効果とは、冬場は暖かく夏場は冷房効果を高める働きのことを指します。

遮熱効果のあるものと一緒に使用するとより効果を高めることが出来ます。

外壁塗装を施工することに、デメリットはありません。

少し強引に挙げるならば、外壁塗装自体は永久ではなく、塗料の種類によって年数に違いはあるものの、定期的な塗替えが、必要になるということがあります。

ですが外壁を守るために、塗料を塗布する以外の方法は存在せず、建物の維持管理としては、必須なのです。