治療法であるインプラント。

なのですが、制約もあるので注意事項を覚えておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨が必要以上になくなってしまっている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラント挿入ができなかったりすることがあります。

この場合はインプラントを諦め、適応する治療を選ばないと仕方ありません。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはゼロではありません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯そのものの小さな問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が感じられることもあります。

虫歯の危険性は、インプラントには考えられませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように毎日のお手入れをきちんと指導を受けたように、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

1本・2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用範囲ではありますが人工歯根(インプラント体)を埋入し、そこが安定したら上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、歯根のない義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットが存在します。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療のリスクとしては失敗してもやり直しできないことが多い点です。

義歯、たとえば入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何かのトラブルででインプラントと骨がなじまず、インプラントがなじまなければもう一度を迫られ、骨を大幅に削り直すことになります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

通常、インプラント治療の全部が自費治療とされているので、費用が高額になるのを心配になる方も多いのが当然です。

そこで、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、今では、デンタルローンと呼ばれるような信販会社の定めたローンで支払いができる全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。