クラビット100mgの使用方法と注意事項

クラビット100mgの使用方法と注意事項

レボフロキサシンを主成分とするクラビット100mgはいろいろある経口タイプの抗生物質の中でも副作用が小さいと言われていますが、分類的にはニューキノロンに入り、従来のペニシリンやセフェム系に比べると期待できる細菌性感染症に対しての薬効が多くあります。
クラビットを服用する場合の注意点としては細菌を破壊してしまう強い薬効があるため、体に対してかかる負担も大きいという点で、善玉菌など体に必要な細菌を一時的に減らしてしまう可能性があるため、症状がそこまで顕著ではない場合は敢えて服用しないというのも選択肢としてあります。

使用方法については一日に一回を用法とし、一回あたりの服用量は症状に応じて変わるので、必ず医師の診察を受けて適切な用量の指示を受けてからの服用が必要になります。
抗生物質の多くは一日に三回の用法が多いのにも関わらず、クラビットだと一日に一回でよい理由は薬効の継続時間が長いため、このように薬効が長時間にわたって続くことを半減期が長いという言い方をすることもあります。

症状によっては長期間にわたって服用が必要になるケースもありますが、継続的な使用が必要な際はどうしても飲み忘れてしまうことがあるかもしれません。
その場合は次の服用で飲み忘れた分を一緒に服用するのではなく、飲み忘れた分は気にせずに次からスケジュール通りに服用を戻したので問題ありませんが、薬効が強いだけに飲み忘れても用量を増やすことは厳禁です。

関連記事

  1. ビロビルの使用方法と注意事項
  2. ビロビルの効用
  3. ビロビルの基本説明
  4. ゾビラックス800mgの使用方法と注意事項
  5. ゾビラックス400mgの効用
  6. ゾビラックス200mgの基本説明
  7. クラビット100mgの効用
  8. クラビット250mgの基本説明