クラビット100mgの効用

クラビット100mgの効用

クラビット100mgを組成しているレボフロキサシンには感染症の原因となる細菌に対して抗菌作用を持っていますが、作用機序としてはレボフロキサシンが細菌を作っているタンパク質を阻害することによって細菌の組成を根本的に崩すというものです。
細菌を弱らせるのではなく細菌を殺菌することができるため、クラビット100mgを服用することによって早い治療効果が期待できるというメリットがあります。

ちなみにレボフロキサシンを主の医薬成分とするクラビット100mgは医薬品の分類としてはニューキノロン系の抗生物質という括りになりますが、広く使用されているペニシリン系の抗菌薬では薬効が限られてしまうクラミジアやマイコプラズマの治療薬としても薬効が期待されます。
また、風邪の症状を悪化させてしまった場合に見られる咽頭炎や気管支炎、肺炎などの炎症も体外から取り込んだ細菌がそれぞれの場所で繁殖することによって起こる病気の症状ですが、これらの細菌に対してもクラビットは薬効を働きかけるため、悪化した風邪の治療薬としても効用が期待できます。

ただし、細胞を撃退するという薬理作用は病気の症状を効率的に改善するというメリットがある一方で、不必要に細胞を攻撃するというデメリットがあり、これによって善玉菌などの総量を減らしてしまう可能性があります。
さらには免疫機能を一時的に下げてしまい感染症を促してしまうような状態になることもあるため、必ず医師に相談をして服用する必要があります。

関連記事

  1. ビロビルの使用方法と注意事項
  2. ビロビルの効用
  3. ビロビルの基本説明
  4. ゾビラックス800mgの使用方法と注意事項
  5. ゾビラックス400mgの効用
  6. ゾビラックス200mgの基本説明
  7. クラビット100mgの使用方法と注意事項
  8. クラビット250mgの基本説明