ビロビルの使用方法と注意事項

ビロビルの使用方法と注意事項

ファムシクロビルが主成分のビロビルは主にヘルペスの症状を治療するために使用される医薬品として広く使用されていますが、ウイルスDNAに対して作用を働きかけてウイルスを殺傷するのがファムシクロビルなので、ヘルペスに限った話しではなくウイルスが原因となる様々な病気に対して効用が期待できます。

使用の方法については一日に三回を目安として服用しますが、年齢を重ねている人や薬の代謝が体質的に遅い人は次の服用までに薬が代謝されないことで、ビロビルの成分が蓄積されてしまう可能性があるため、一日に三回というのは大まかな目安として必ず医師の指示を受けた用法や用量を守って服用しなければなりません。
特に気を付けないといけないのが肝臓に疾患を持っている人がビロビルを服用するケースで肝臓は口から取り込んだ医薬品を分解する場所であり、医薬成分が強ければ強いほど肝臓に与える負担は大きくなってしまうのですが、ビロビルはウイルスを撃退するだけの強い薬理作用があるため、肝臓に対してかける負担というのも大きくなります。

発症する副作用の例としてはビロビルの薬効が出ている際に嘔吐や胃痛など胃腸に関連する副作用ですが、これは薬効による症状なので通常は薬効が切れるタイミングで症状が落ち着くのが普通です。
医薬成分が強いため、多少の副作用は仕方ないところもありますが、繰り返し副作用の症状が出る際は医薬品が体に適合して無い可能性もあるので注意が必要となります。

関連記事

  1. ビロビルの効用
  2. ビロビルの基本説明
  3. ゾビラックス800mgの使用方法と注意事項
  4. ゾビラックス400mgの効用
  5. ゾビラックス200mgの基本説明
  6. クラビット100mgの使用方法と注意事項
  7. クラビット100mgの効用
  8. クラビット250mgの基本説明